本文へジャンプfuzzy2.com > 迷惑メール/ウィルスメール対策

迷惑メール/ウィルスメール対策

迷惑メールやウィルスメールにご注意ください

 

多くの迷惑メールやウィルスメールは、発信者名(From行)、返送先(Reply-To行)、送信履歴(Received行)等を詐称します。

受信した メールの添付ファイルは、慎重に取り扱ってください。

PCをお使いの方は、ウィルス対策&インターネットセキュリティソフトの導入を強く推奨します。

迷惑メールやウィルスメールの対処方法

 

■一般の方へ

迷惑メールを受信した場合の対応については、Symantecスパムウォッチセンターを参考にしてください。また、財団法人日本データ通信協会または財団法人日本産業協会にある情報提供ページをご利用ください。

ウィルスメールを受信した場合は、正確な送信元のプロバイダーのサポート窓口へご連絡ください。送信元の確認方法は、このページの下にある説明をご参考にしてください。

当サイトが発信元以外の場合は、迷惑メールやウィルスメールに関するご相談は一切受け付けておりません。

■プロバイダー運営会社の方へ

当サイトに関して迷惑メールやウィルスメールの発信の疑いがある場合は、該当するプロバイダー契約者に直接ご連絡ください。

メールの送信元の判別方法

 

迷惑メールやウィルスメールの送信元を正しく判別するために、次の手順を参考にしてください。

1. メールのヘッダーを表示してください。

操作方法は、お使いのメールソフトのマニュアルをお読みください。

2. Received行からご利用のプロバイダーのメールサーバーが受信した行を特定してください。

※それ以降のRecieved行は偽造されている可能性があります。

例) @niftyをご利用の場合(最初に「by mail***.nifty.com」が含まれている行)
Received: from fuzzy2.com (***.***.**.jp [11.22.33.44])by mail***.nifty.com
(8.**.**/8.**.**) with ESMTP id ************ for <********@nifty.com>;
Sat, 29 Feb 2004 11:22:33 +0900 (JST)

3. 先頭の括弧の内側がメールを送信または中継をしたサーバーの情報です。

上の例の場合
a) fuzzy2.com この部分は送信元が偽造することがありますので無視してください。
b) ***.***.**.jp 送信元のサーバー(プロバイダー)ですが、この部分は隠すことができます。:
c) 11.22.33.44 送信元のサーバーです。この部分の偽造は難易度が高いです。

4. 送信元 b) を次のドメイン名と比較してください。

dti.ne.jp、bbexcite.jp、kaynet.or.jp

発信元が上記と異なる場合は、メールの発信者は当サイトではありません。
また、b) の表示が無い場合も、メールの発信者は当サイトではありません。
ドメイン名が一致する場合も、ほとんどの場合は当サイトとは関係ありません。

※通常のメール送信にはDTI(dti.ne.jp)のメールサーバーを利用しています。
それ以外の発信元の場合は、ほとんどの場合当サイトとは無関係です。

以上の説明がわからない方は、お知り合いかまたは詳しい方にご相談ください。


トップへ戻る
ページの先頭へ

お問い合わせ | 迷惑メール | プライバシー | 著作権

Copyright ©1999-2004 www.fuzzy2.com All right reserved.